プライバシーポリシー

制定:2007年11月28日

1.基本方針

日本環境変異原学会(以下「本学会」といいます)は、個人情報の重要性に鑑み、「個人情報の保護に関する法律」を遵守し、その収集・利用・管理について、次の通り適切に取り扱うよう努めます。個人情報とは、個人に関する情報であり、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、メールアドレス、その他個人を識別できるもの(当該情報のみでは識別できないが、他の情報と容易に照合することができ、それにより当該個人を識別できるものを含む)をいいます。本プライバシーポリシーは、本学会の会員および本学会の活動に参画する非会員の個人情報の保護およびその有効利用を目的として制定します。

2.個人情報の収集

本学会は、事業目的に沿った各種サービスの利用者、および本学会の事業に関わる審査・選考の関係者から任意に提供される情報を必要な範囲で収集します。個人情報を収集する際は、その目的を明示するとともに、提供者個人の意思に基づいて行うことを原則とします。

3.学会による個人情報の管理

本学会は、収集した個人情報が外部へ漏洩したり、破壊や改ざんを受けたり、紛失することのないよう適切に管理することとします。ただし、提供者自身により開示される、又は公開されている個人情報については、本学会の管理対象外とします。

4.個人情報の利用

4-1     本学会は、収集した個人情報を下記の目的の範囲内で利用します。

  1. 本人確認、会費の請求等の本学会からの会員への通知。
  2. 会員名簿の作成、評議員被選挙人名簿の作成。
  3. 学会誌・評議員選挙投票用紙等の発送、会員の相互連絡等の本学会の運営に関わる必要な情報の提供。
  4. 上記の他、本学会の事業および関連分野に関する情報提供。例えば、事前に承諾を得て提供する情報配信サービスや学会運営上必要となる事務連絡等の目的で電子メール等を送付する等。

4-2     本学会は、第4項4-1以外の場合でも次のいずれかに該当するときは個人情報を利用または提供することがあります。

  1. 提供者の同意がある場合。
  2. 法令の規定に基づく場合、又は警察等の公的機関から提供を求められた場合。
  3. 事業目的の達成に必要な範囲内において個人データの取り扱いの全部又は一部を委託する場合。委託先については十分な個人情報の保護水準を満たしているものを選定し、適正な管理を実施させます。

5.会員名簿

第4 項4-1 2)にある会員名簿は、会員相互の交流を図ることを目的として作成します。名簿への掲載事項は、a.会員番号、b.氏名、c.勤務先、d.勤務先連絡先情報、e.電子メールアドレスとします。原則としてa~cについては掲載し、d、eについては本人の同意なく掲載しないものとします。作成した会員名簿は、パスワードで保護したPDFファイルとして、学会Webページ上へ掲載します。閲覧のためのパスワードは、会員本人へ文書で通知し、年一回更新するものとします。

6.個人情報の開示および訂正等

本学会は、個人情報の提供者から提供者自身に関する個人情報の開示請求があったときは、原則として遅滞なく開示します。また、自己に関する個人情報の訂正等の申し出があったときは原則として遅滞なく訂正等を行います。ただし、会員名簿については、原則として年一回の更新とします。

7.免責

第4項4-1 4)の例示にある学会からの情報配信サービスにおいて、本学会は、利用者(情報を受け取った会員または非会員)に提供する情報または提供された情報の正確性、信頼性、遅延、中断等についてその原因の如何を問わず一切責任を負いません。本学会は、情報配信サービスに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても一切責任を負わないものとします。

8.改定について

法律の変更に準じるため、又は、その他の理由により、会員への予告なくプライバシーポリシーに変更を加える場合があります。本学会が収集した個人情報に対しては、常に最新のプライバシーポリシーを適用するものとします。プライバシーポリシーを改定した場合は学会Webサイトに掲載し、掲載日より効力を発揮するものとします。

9.個人情報の取り扱いに関する問い合わせ先

本プライバシーポリシーに関するご意見、質問等は日本環境変異原学会事務局(お問い合わせはこちらから)へお願いします。